医療法人恭青会の医療関係者向け情報メール
電子版 慈育10号

寒からず暑からずの好季節となりました。皆様にはお元気でお過ごしのことと存じます。今回は「日本眼科学会」のお話をさせていただきます。

 

医療法人恭青会
理事長 生野 恭司



本院いくの眼科
医療関係者様向け診療時間外連絡先
080-1490-6436

--------------------------------------------------

慈育編集部 連絡先

admin01@kyoseikai.com

活動contents

日本眼科学会

先月の4月18日~21日まで第123回日本眼科学会総会に行ってまいりました。今回は特に大きな講演はありませんでしたが、細かな行事や会議などで全日参加しました。

17日(水)には日眼の評議員会の会議に出席しました。近年は眼科学を取り巻く環境も日々変動し、臨床研修制度の改編などもあって、眼科学会としても安穏としている状態ではなく、次々と様々な調整やプロジェクトの実施が迫られているようです。

18日(木)は、8時から恒例の脈絡膜画像診断研究会が開かれました。今回は、新しく旭川医大に教授として赴任された柳先生からパキコロイドの病態についての講演がありました。比較的最近提唱された疾病で、他の類縁疾患との境界とも非常に曖昧ですが、非常に明快にかつ詳しく整理された講演でした。

19日(金)には午前中に強度近視における視野障害の新しい分類を提唱する講演を行い、夜にはポスター講演の座長を務めました。

残りの2日間もプログラムの視察や評価を行ったり、学会終了後には日本眼科学会プログラム委員を務めるなど、評議員、プログラム評価委員、プログラム委員と3つの委員を兼任したことで、日本眼科学会に貢献する度合いが増えました。

次は10月に日本臨床眼科学会が開かれます。この時にも講演や会議が予定されており、忙しい学会になりそうです。

日本眼科学会としても英語の講演の導入、国際化、そして眼科専門医志向者の教育など様々な課題に直面しています。また科学の進歩も急速に早まっており、プログラムも先を読んだものや、新しい演題を取り入れる必要があり、様々な課題に直面しています。これを機に、学会運営や活動について勉強させていただけることを幸運に思っています。


医療法人恭青会 ホームページ

いくの眼科 ホームページ

あさいアイクリニック ホームページ

理事長 生野の活動を掲載しています。

診療時間のお知らせやご案内を掲載しています。

恭青会の活動を掲載していきます。
メールが正しく表示されない場合は こちらWebページ版をクリック

医療法人恭青会 〒532-0023 大阪市淀川区十三東2丁目9-10 十三駅前医療ビル3階


Update Profile/Email Address