医療法人恭青会の医療関係者向け情報メール
電子版 慈恩2号

底冷えのする毎日がつづきますが、お体におさわりはありませんでしょうか。 
今回は「白内障の症状」についてお話させて頂きます。


医療法人恭青会
理事長 生野 恭司
------------------------------------

慈育編集部 連絡先

admin01@kyoseikai.com

 白内障の症状

白内障は目の中の水晶体が白く濁る病気です。症状としては「視力低下」がありますが、低下するといっても年齢や白内障のタイプ、近視の有無などにより症状は様々です。番多い症状は「霧のようなものが見える」「白く霞んで見える」といった症状です。2番目に多い症状は「非常に眩しい」といった症状です。特に夜間は瞳孔が開くため、症状が強くなります。例えば、夜間の車の運転や自転車の走行時に対向車のライトがとても眩しく、目を開けていられないといった症状もあります。この様に視力が悪くなくとも、眩しさを感じることに苦痛を感じ、手術を希望される患者様は多くいます。また近視の方に多い、二重や三重に物が見えるといった「多重視」と呼ばれる症状もよく見られます。乱視と思い、検査を受けると実は白内障が原因の「多重視」であったと言う事はよくあります。様々なタイプの見え方の障害があるため、これらを細かく検査・診察する必要があります。また片目だけが白内障の場合は、白内障の進行に気づかないこともあります。このような場合は片目ずつ検査し、視力をみる必要があります。いずれにしても眼科で視力を正確に測定し、診察・診断を受ける必要があります。


医療法人恭青会 ホームページ

いくの眼科 ホームページ

あさいアイクリニック ホームページ

理事長 生野の活動を掲載しています。

診療時間のお知らせやご案内を掲載しています。

恭青会の活動を掲載していきます。
メールが正しく表示されない場合は こちらWebページ版をクリック

医療法人恭青会 〒532-0023 大阪市淀川区十三東2丁目9-10 十三駅前医療ビル3階


Update Profile/Email Address